移ろう季節に花束を

作詞 : 山口ケンタ 作曲 : 山口ケンタ

六時の天気予報で

知らされた明け方の雨

僕は帰るはずもない誰かを ずっと待っていた

 

駅前のコンビニで

買ったそのフィルムをはがして

溜め息に火をつける

煙になって笑ったあなたがいた

 

次第に夜が明けるから

そしたらすべて忘れるから

誰かの為 そんなことばかりでもう疲れてしまったら

眠るとしようか

 

色褪せた写真には

見慣れたあなたのその笑顔

鍵も掛けずに行くよ

道に迷ったってもう構わないから

 

この夜が明けるまで

一人夜風に吹かれながら

あなたを想うだけで今日がこんなに早く過ぎてくんだね

 

次第に夜が明けるから

そしたらすべて忘れるから

あなたを思い出せばきっと また会えるなんてことはないけど

もう夜が明けるから

そしたらすべて忘れるから

誰かの為 そんなことばかりで もう疲れてしまったら

眠るとしようか

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now