ウーロンハイと春に

作詞 : 山口ケンタ 作曲 : 山口ケンタ

見慣れない街に背を向けて

駆け上がった改札口

もう一度笑い会えるように

そっと涙隠して歩いてる

すれ違っていく人の流れ

分かり合えないことばかり

もう二度と戻らない時間が今日も

また夜を長くする

十年後も二十年後も

変わらぬ声と話し方でそのまま

なんでもない話をしよう

その時まで僕はきっとうまくやるさ

変わらない街並みの中で

変われないで残された

あの店のウーロンハイが濃い目だった

嫌いにはなれなかった

ずぶ濡れになったあの日

開花の予想は先送りになった

急行電車の通過待ち

二番線から強い風が吹いて

もう会えなくても大丈夫なんて強がり

季節は変わっていた

十年後も二十年後も

変わらぬ声と話し方のあなたと

なんでもない話をしよう

その時まで僕はきっとうまくやるさ

僕らは大丈夫さ